【ゆうちょ銀行】1月17日より手数料が大幅改定!現金だと損をする

ゆうちょ銀行
この記事はこんな人におすすめです

ゆうちょ銀行を利用する全ての人

2021年(令和3年)3月31日現在で日本全国都心部から地方まで約2万4,000店、

貯金残高約189.5兆円、三菱UFJ銀行の預金残高約182兆円を上回り、

国内最高の残高を誇るゆうちょ銀行。

どこでも見かける銀行として利用している人は多いと思います。

私も口座は持っていていろいろお世話になっています。

そのゆうちょ銀行で2022年1月17日より手数料が大幅に改訂されます。

利用者から見れば大幅改悪され、特に現金での取扱は注意が必要です。

今回はゆうちょ銀行の手数料改定について詳しく解説します。

各種払込みサービスを現金で利用する場合の料金加算

現金での払込みは手数料が110円高くなる!

2022年1月17日以降に窓口やATMにおいて払込みを行うと、

現金の場合は1件ごとに手数料が110円加算されます。

たとえば、窓口で5万円未満の払込みを行なう場合、

通帳やキャッシュカードからなら手数料は203円だが、現金を使うと手数料は313円となります。

また、「料金受取人負担」の払込取扱票による払込みで、受取人が払込み料金を負担する場合でも、

現金で払うと払込人が110円を支払うことになるので注意して下さい。

110円加算されると多くの人は「え~、そんなの聞いてないよ」と困惑しそうですね。

硬貨取扱料金の新設

硬貨を51枚以上持ち込むと手数料を取られる!

窓口へ硬貨を持ち込む場合、硬貨50枚までは手数料なしですが、

51〜100枚は550円、101〜500枚は825円、501〜1,000枚は1,100円の手数料が必要となり、

以降500枚ごとに550円が加算されます。

ATM手数料も値上げ! 

日曜日は110円

今後は駅やショッピングセンター、ファミリーマートのATMでは、

日曜日に110円の手数料が取られるのでご注意下さい。

ATM硬貨取扱時間帯の変更

硬貨の預入れ&払戻しが可能な時間帯も変更され、

平日7時〜18時のみに短縮されるほか、土・日曜日は取扱不可となります。

ATM・CD携帯サービスの手数料改定

さらに、コンビニに設置してあるATM・CD提携サービスについても、

ゆうちょ銀行の預入れ&払戻し手数料が110円値上げされます。

とくにイーネットATMはこれまで平日・土曜日の手数料が無料で利用できたのに、

今後は220円手数料がかかるので要注意!

※ イーネットATMとはコンビニ等に設置されたイーネットマーク

株式会社イーネット。お近くのコンビニやスーパーでご利用いただける便利なATM

のあるATMを指します。

まとめ

ゆうちょ銀行よ、お前もか!

楽天銀行に引き続きゆうちょ銀行も大幅改悪。

これ以外にも改訂された点はありますので、

詳しくはゆうちょ銀行ホームページでご確認下さい。

ゆうちょ銀行はどんな田舎にもあるので使い勝手の良い銀行。

現金を使うと余計な手数料が掛かるものなんか変な話です。

近い将来現金はなくなってしまうのでしょうか。

貯金箱でコツコツと小銭を貯めている場合、

大量の硬貨をゆうちょ銀行に持ち込んで入金すると、手数料を取られてかなり損します。

預けるなら今のうちにどうぞ。

田舎に住む爺婆が真っ先に影響を受けそうです。

ご両親にぜひ伝えてあげて下さいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました