Amazonブラックフライデー開催中 >>

【ニコンレンズ】修理料金は?どこに修理に出す?修理依頼方法は?

広告
アフェリエイト広告を利用しています。
ニコンレンズ
ニコンレンズ

更新日:2023/11/24

いよいよ秋ですね。

秋と言えば、紅葉。とれもきれいで写真を撮りたいですよね。

そんな時にカメラを落としてレンズが壊れた(;_;)

レンズを壊したのは初めてでどうするかいろいろ検討した結果、修理に出すことに。

修理費は高くなることも覚悟して本家本元のニコンの修理センターへ依頼することにしました。

多分カメラを趣味にしている人は一度は体験することでしょう。

そこで今回はニコンレンズの修理見積もり、修理方法について解説します。

どうしようか悩んでいる人の何かの参考になれば幸いです。

広告

カメラを落とした経過

ニコンAF-S 24-120mm
ニコンAF-S 24-120mm

私が普段使っているのは、ニコンD850+AF-S 24-120mmのズームレンズ。

この組み合わせだと、だいたいどんな場面でも問題無く撮影できる。

※興味ある人ははこちらの記事を参考に。

>>【ニコン】AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G 口こみ評判をレビュー

お出かけに備え、カメラを準備しようと思って何気なくイスの上に置いたところ

悲劇は起こった!!

イス
事故現場のイス

イスは座面がメッシュになっていて、カーブがついている。

保護パットに入れたカメラは約50cmの高さから何かのはずみで滑り落ち、

ゴツンという鈍い音が部屋に響いた。

人間だったら頭蓋骨陥没してそうな、重たい嫌な音(@_@)

ハッとしてカメラを手に取ると、カメラ本体は無事。シャッターも切れる。

レンズは割れてはいないけど、ズームリングが壊れた(;_;)

やってもうた。明日写真撮れない。

泣きそうになったけど、壊れたものはしょうがない。

選択肢は3つ。

新品に買い替えるか、中古を買うか、修理に出すか。

中古を買うぐらいなら、新品買った方が安心。

新品レンズを買うなら15万前後。必然的に修理にだすしかない。

修理に出すならやはりメーカーに出すのが一番ということで

ニコンのサイトで修理費用を見積もり。

広告

ニコン修理見積もり料金

オンラインで見積もりすると、今回の場合 合計43,560円

お見積り料金内訳
 ・技術料 22,400円
 ・部品代 17,200円
 ・小計 39,600円
 ・消費税 3,960円

合計 43,560円

背に腹はかえられないのでそのままインターネットで修理を申し込む。

修理の依頼方法

修理の依頼方法は3つ。

ニコンピックアップサービス

●ニコンサービスセンターへお持ち込み

 ニコンサービスセンターで修理を受け付け。

ニコンプラザ東京
東京サービスセンター
ニコンプラザ大阪
大阪サービスセンター
所在地〒163-1528
東京都新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー28階
〒541-0059
大阪府大阪市中央区博労町3-5-1
御堂筋グランタワー17階
営業時間10:30~18:3010:30~18:30
「点検・修理」のご相談インターネットでの事前受付が必要インターネットでの事前受付が必要
電話番号ナビダイヤル
0570-02-8060
ナビダイヤル
0570-02-8060

※宅急便での返送を希望される場合は、

全国各地ご指定先まで 1,320円(税込)にて修理完了品を返送。

●修理センターへ直接送付

住所〒230-0052
横浜市鶴見区生麦2-2-26
株式会社ニコンイメージングジャパン 修理センター
営業時間9:30〜18:00
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、夏季休業などを除く毎日)
電話番号ナビダイヤル
0570-02-8200
FAX番号045-500-3025

今回は一番便利なニコンピックアップサービス(有料)を利用することに。

ニコンピックアップサービス

レンズ梱包
レンズ梱包

ニコンピックアップサービスは、

修理品梱包用資材のお届けから修理完了品の返送までをセットにしたサービスで、

発送・返送の往復で全国一律 1,870円(税込)

何とネットから申し込むと、翌日には梱包用資材が届いた(@_@)

レンズをビニール袋に包んで、緩衝材を詰めて、修理申込表を同封して準備完了。

有り難いことに蓋を閉じるための”テープ”まで入っている。

翌日ヤマト運輸に集荷に来てもらい、修理センターへ発送。

ヤマト運輸お客様サービスセンター

0120-01-9625(受付時間:午前8時~午後9時)

※音声ガイダンスに従い「1」(お荷物のご用命)を選択。

あらかじめ修理代5万以下ならそのまま修理続行の希望を出していたので

受付完了、修理続行のメールが来て、待つこと2週間。

修理完了のメールと修理代金38,650円のお知らせが届く。

レンズ納品

ヤマト運輸が自宅まで荷物(修理品)を持ってきてくれて、代金を支払う。

納品書をみると、ズーム作動不具合のためズーム環、外カム筒交換等修理され、

部品代14,604円、修理料金22,176円。

完成後6ヶ月間は、修理補償あり。

現金代引きのみの取り扱いでクレジットカード不可。

ニコンレンズ修理まとめ

ニコンレンズが落下して壊れたため、

ニコンピックアップサービスを利用して修理してもらうまでの流れを解説しました。

修理代金は痛い出費だが、ニコンピックアップサービスは至れり尽くせり。

修理後6ヶ月の保証も付いているので安心。

近くに修理できるお店がなければこの一択でしょう。

カメラ・レンズの不具合があってどうしようか悩んでいる人は、ぜひご検討下さい。

この記事を書いた人 文貴(fumitaka)


・ブロガー:2021年ブログ開設

・趣味:旅行(国内・海外)、食べ歩き、写真撮影

    


  PVアクセスランキング にほんブログ村
  文貴ブログ|日々徒然なるままに - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました