Amazonタイムセール祭り 明日で終了 >>

【ニコン】AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの口こみ評判をレビュー

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
ニコンD850+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

今写真を撮るのに一眼レフ使っている人は一体どれくらいいるんでしょうか。

iPhoneを始めスマホがあれば十分という人がほとんどだと思います。

でも、スマホだともの足りない。

もっと良い写真が撮りたいと思う人もきっといるでしょう。

そんな人には一眼レフをおすすめします。

ただ一眼レフにも問題があって、ニコンとかキャノンとかオリンパスとか

メーカーによって使えるレンズが決まってしまいます。

私の場合は、キャノン→オリンパス→ニコンと流れ、今はニコンD850をメインに使っています。

一眼レフカメラを使用する上で必要となるのがレンズ

というかレンズを変えなければ、一眼レフにする意味があまりありません。

カメラボディがどれだけ高性能でも、カメラボディの性能を活かすことのできないレンズでは、

満足いく写真撮影を行うことができないでしょう。

しかし、カメラレンズの種類は想像以上に多く、

どれを選んだら良いのかわからないこともあるでしょう。

今回はデジタル一眼カメラメーカーとして、

トップクラスに君臨する「ニコン」のおすすめレンズを厳選して1本だけご紹介します。

レンズ選びに迷っている人は参考にして下さいね。

初心者
初心者

ニコンのおすすめレンズはどれ?

管理人
管理人

標準ズームレンズがおすすめ。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR の口こみ評判をレビュー

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
※クリックしたら楽天市場の商品ページに飛びます

それでは早速、 NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR の口コミ評判をご紹介しますね。

良い口コミだけでなく、悪い口コミもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 悪い口コミ評判

最初は、悪い口コミの方からご紹介します。

Amazonの口コミをみると

・周辺光量が結構落ちるみたいで、暗い感じになっています。

・逆光に弱いレンズ。

との書き込みがありました。

どのレベルまで期待するかは、主観の問題があるのでなかなか評価しづらいところですね。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 良い口コミ

NIKKOR 24-120mm f/4G の良い口コミはたくさんあるので、

項目ごとに厳選してご紹介しますね。

広角から望遠までこれ1本で済む

広角から望遠まで広くカバー出来るのがズームレンズ最大の長所ですね。

・レンズ重量は結構ありますが、これ一本でほぼなんでもできてしまう機動性の高さは

 それ以上のものがあると思います。

・広角から中望遠までのレンジがこれ1本で済むので本当に便利です。

描写力に優れている

もちろんレンズで大事なのは描写力です。

・素晴らしい描写力。文句のあろうはずがない。

・ボケが思うより綺麗でびっくりしました。

コストパフォーマンスが良い

単焦点のレンズを2~3本買うよりはズームレンズを買った方がお得です♪

・Great Lens, Reasonable Price

・お手軽なフルサイズレンズ

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 使ってみた感想 管理人の場合

実際私が使ってみて気になるのは「重さ」です。

もちろん普通に使う分には何の問題もありません。

問題になるのは、登山の時です。

山登りの時は1日中歩くので、ちょっとの重さにも気を遣いますし、

特に夏場はレンズを軽くして「水」を持って行くか悩むときがあります^^;

結論から言えば単焦点レンズを何本か持って行くよりは、ズームレンズ1本の方が軽くなります。

ズームレンズは、例えば結婚式の時とか海外旅行の時が一番重宝します。

広角にして会場全体を撮ることが出来ますし、望遠にして花嫁さんのアップも狙えます。

広角にして風景を撮ることも出来ますし、料理の写真から人物のポートレートも撮れます。

レンズ交換する暇が無いときやできるだけ荷物を減らしたいときにぴったりです。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの機能や特徴

ここからは、NIKKOR 24-120mm f/4G の機能や特長をご紹介しますね。

5倍標準ズームレンズ

画角84°の広角域から望遠域までの画角範囲をカバーする事が出来ます。

これを単焦点レンズでカバーしようとすると24mm、28mm、35mm、50mm、

85mm、105mmのレンズが必要になります。

ナノクリスタルコートを採用

ナノクリスタルコートは、ニコンが最先端の半導体露光装置を開発する過程で生み出した、

非常に効果的なレンズ反射防止コーティングです。

普通のレンズに比べ、ゴースト、フレアの少ない鮮明な画像が得られる効果があります。

高いブレ軽減効果を発揮するVR機構も搭載

スポーツシーンや夕暮れの情景、夜景など、手持ち撮影で起こりがちな手ブレによる画像のブレを

効果的に軽減します。

3.5段相当の手ブレ補正効果があります。

たとえば200mmの望遠レンズなら最低でも1/250秒より速いシャッタースピードでなければ

写真がぶれてしまいます。

しかし、3段の手ぶれ補正機能があれば、計算上は、1/30秒でも手ぶれしないことになります。

シャッタースピードの変わり方

シャッターが開いている間に、カメラが動くことによってブレてしまうことを
「手ブレ」または「カメラブレ」といいます。
手ブレは失敗写真としてみなされることが多いです。
ピントを合わせたい被写体がブレていますが、
ピントが合っていない状態(ピンボケ)とは違います。

仕様表

型式 ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-Sズームレンズ

焦点距離 :24mm-120mm

最大口径比 1:4

レンズ構成 13群17枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコート)

撮影距離目盛 :∞~0.45m、2ft(併記)

最短撮影距離 :0.45m(ズーム全域)

最大撮影倍率 :0.23倍

絞り羽根枚数 :9枚(円形絞り)

絞り方式 :自動絞り 最大絞り f/4 最小絞り f/22

アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 77mm(P=0.75mm)

マウントアダプターFT1適否 AF駆動可

寸法 :約84mm(最大径)×103.5mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)

質量 :約710g

ニコンD850 撮影サンプル 海外旅行の時の写真です

スタリ・モスト ボスニア・ヘルツェゴビナの都市モスタルにある16世紀の橋

2018年ANAチャーター便で

スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ周遊したときの写真です。

ピサの斜塔
ピサの斜塔 イタリア
ベネチア
ベネチア イタリア 広い範囲が浸水することも

ほとんど覚えていませんが、多分イタリア(笑)

コインブラ大学
コインブラ大学 3世紀に設立された世界最古の大学のひとつ。ポルトガル屈指の名門国立大学
コインブラの町並み ボルトガル

2017年ボルトガル旅行の写真です。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの口こみ評判をレビュー まとめ

今回は、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの口コミ評判をレビューすると共に、

機能や特長もご紹介しました。

「周辺光量が結構落ちるみたいで、暗い感じ」、「逆光に弱い」

といった口コミが一部みられました。

しかしながら、全体的に口コミの満足度は高く、

○広角から望遠まで広い範囲をカバーする

○描写力に優れている

○コストパフォーマンスが良い

など、高評価が寄せられています。

実際自分が使ってみて、一番使用頻度が高いのがこのズームレンズですし、

旅行に持って行くレンズなら、これ以外のレンズは考えられません。

もしあなたがニコンのカメラをお使いなら、ぜひこのレンズを手に入れて

写真を楽しんで下さいね。

この記事を書いた人 文貴(fumitaka)

・ブロガー:50代男性

・趣味:旅行(国内・海外)、食べ歩き、写真撮影(ニコンD850)

・好きな食べ物:肉(特にとんかつ)、米、パン、プリン、ロールケーキ

・2007年より食べログ投稿中
 fumitakaのトップページ [食べログ]


こちらの桜もAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRで撮影しました。

良ければ桜の写真だけご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました