Amazonタイムセール祭り 本日から開始 >>

【博多 焼肉 八十八】肉と米がうまいそれが一番!

八十八外観
この記事はこんな人におすすめです
  • 焼肉が好きな人
  • お米にこだわりがある人
  • 博多駅周辺でお店を探している人
評価:4.0

訪問日:2021年12月中旬

博多駅筑紫口から徒歩10分ぐらい、福岡合同庁舎近くにある焼き肉屋さん。

店名からしてお米へのこだわりが感じられる。

お米は実るまでに多くの手間がかかり、多くの手間を88回と表現し

米という漢字の由来になったとされている。

コンセプトは肉と米がうまいそれが1番!

なんともシンプルでわかりやすい。そして私好み(笑)

お店に到着して中に入ると、入口は2F。

階段を登って、まず靴を脱いで上がる。靴箱も趣があってなかなか良い。

奧の掘りごたつ式のテーブル席へ案内された。

入口付近は座卓が並び、右側に個室が配置されている造り。

掘りごたつ式テーブル席

博多 焼肉 八十八 メニュー

メニュー看板
メニュー看板

博多 焼肉 八十八 注文品

メニュー
メニュー

まず注文したのが

・銀シャリ(小)1.5合(880円)

北海道産「ゆめぴりか」を注文後、土鍋で炊きあげるため20~30分掛かるらしい。

米を押さえたら、次は

・白菜キムチ(495円)
・焼肉専用サラダ(550円)
・はじける黄金すき焼きカルビ(539円)×2
・上タン塩(1628円)
・極ロース(2728円)
・たれ盛り合わせ(3176円) を注文。

お酒は飲めないので、ジンジャーエール(385円)、黒烏龍茶(495円)を頼んだ。

博多 焼肉 八十八 上タン塩(1628円)

白菜キムチ
白菜キムチ
焼肉専用サラダ
焼肉専用サラダ
タレ、塩、わさび、レモン
上タン塩

上タン塩は弾力があって、ぷりぷりの食感が美味しい。

塩が振ってあるので、そのまま食べても良いし、レモンもある。

塩ポン酢もあるので、お好みで。

博多 焼肉 八十八 極ロース(2728円)

極ロース

ロースはローストに適したお肉で、肩ロース、リブロース、サーロインといった分け方がある。

部位にある程度決まりがあるけど、どこを出すかはお店次第。

極ロースはサシもあって肉の味わいもある。

タン塩、ロース2種類食べただけで、この店が美味いのは良く分かる。

博多 焼肉 八十八 おまかせ4種(3176円)

イチボ、US産肉感ハラミ

イチボはお尻側のお肉で、もも肉の中では一番霜降りが多く柔らかめ。

あんまり食べたことはないけど、柔らかくて旨い。

牛のハラミは、横隔膜にある筋肉の一部。

見た目も食感も赤身肉に似ているが、実は内臓系に分類され、貴重な部位なのだとか。

肉の味が濃くて旨味たっぷり。ほどよく弾力がありながらもやわらかくて美味しい。

ミスジ

ミスジは、肩甲骨の裏あたりに位置した「ウデ肉」。

断面で見分けがつきやすく、真ん中に一本すじが入っているのが特徴的。

国産の牛肉の場合はすじから葉脈のように美しいサシが入るため

「葉っぱのような形」とも呼ばれている。

軟らかくて美味しい。

ランプ

ランプは牛の腰からお尻にかけての部位。味が濃く脂が少ないので、肉の旨味が感じられる。

おまかせで4種類食べ比べると肉の場所によって、食感、旨味もそれぞれ異なるのが良く分かる。

 

博多 焼肉 八十八 銀シャリ、黄金すき焼きカルビ

銀シャリ小
すき焼きカルビ

このお店の名物銀シャリ。お米は光輝いていてふっくらしている。

ただちょっと水分量が多めで柔すぎ。

よく蒸らして、少し冷ますと美味しくなった。

肉の〆は、はじける黄金すき焼きカルビ 。

焼き上がった肉をご飯に乗せて、卵の黄身をそのままその上にのせてご飯とかきこむ

というのが正しい食べ方みたい。

もともと卵かけご飯大好き人間。

銀シャリに脂ののったカルビ肉と玉子を一緒にしてかき込めば、美味い×旨い×うまい。

米、醤油、卵、カルビ肉の脂が合わさって、至福の時。コレが一番美味かった。

銀シャリ小(880円)+黄金すき焼きカルビ(539円)は一押し。
カルビは1枚売りで写真は二人分。

 

博多 焼肉 八十八 デザート&ドリンク

瀬戸内レモンシャーベット(418円)

瀬戸内レモンシャーベット

ジンジャーエール(385円)

ジンジャーエール

銀シャリ(小)は1合半あって、2人だとボリューム十分。

土鍋にご飯が少し余ったがキムチと一緒に食べて、完食。

最後口直しに瀬戸内レモンシャーベット(418円)を頂く。

後味がスッキリして、シャーベットもおいしい。

飲めない私がいつも頼むのはジンジャーエール。シュワシュワ系は焼肉と良く合う。

焼肉に限らないが美味しい物を食べると幸せを感じる。

博多八十八 コースメニュー
贅沢の極みコース(2時間飲み放題付き)   8000円(税込)
焼肉の真髄コース(2時間飲み放題付き)   6000円(税込)
平日限定※日~木曜日のみ
名物食べ尽くしコース(2時間飲み放題付き) 5000円(税込)
最大20名様、フロア貸し切り最大52名様

博多 焼肉 八十八 まとめ 隠れ家のような焼き肉屋

博多駅からちょっと離れた所にあって、隠れ家的雰囲気がある。

焼き肉はどれも美味しくて予想以上。

お米は残念ながらもう少し、水分量や炊き方の調整が必要。

土鍋ご飯のお楽しみのひとつは「おこげ」。

好みの問題だが、やはり香ばしい香りが欲しい。

もっと量が食べたい人、酒が飲める人はコースを頼んだ方がコスパはさらに良いと思う。

お米にこだわった焼き肉屋さんはあまり見かけない。

八十八(YASOHACHI)おすすめです。

この記事を書いた人 文貴(fumitaka)

・ブロガー:50代男性

・趣味:旅行(国内・海外)、食べ歩き、写真撮影(ニコンD850)

・好きな食べ物:肉(特にとんかつ)、米、パン、プリン、ロールケーキ

・2007年より食べログ投稿中
 fumitakaのトップページ [食べログ]


博多 焼肉 八十八

予約する

住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-12
電話番号:050-5890-3623
営業時間: 〈平日〉ランチ:12:00~14:00
         ディナー:17:00~24:00
  〈土〉ランチ&ディナー:12:00~24:00
〈日・祝〉ランチ&ディナー:12:00~22:00
店休日:無休
駐車場:無し
ホームページ:博多 焼肉 八十八 YASOHACHI【公式】 (owst.jp)


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました