楽天お買い物マラソン 開催中 >>

【天然鯛焼鳴門鯛焼本舗】たい焼きにも天然と養殖物があった!?

アフェリエイト広告を利用しています。
評価:3.3

訪問日:2023年6月中旬 更新日:2023/06/18

福岡大名ガーデンシティの「jiubar(ジュウバー)FUKUOKA」でランチした後、

せっかくなので新天町商店街へ。

※天然と養殖物の違いを知りたい方はまとめへ。

広告

新天町商店街

新天町商店街マップ

アーケードの飾り付けがすでに七夕から夏の雰囲気。

7月になればいよいよ博多祇園山笠ですね。

>>【博多祇園山笠2023】4年ぶり通常開催山笠はいつから?どこで?見どころは?

広告

鳴門鯛焼本舗メニュー

新天町商店街まで足を運んだ目的は、これ。

北通り入り口にある天然鯛焼のお店。

ランチにはデザートがなかったので、たい焼きを買って帰ることに。

商品は「十勝産あずき」「鳴門金時いも」「アイスもなか」の3種類。

「プレミアムカスタード」は販売休止中。

十勝産あずき(280円)を購入。

天然たいやき「十勝産あずき」(280円)

十勝産あずき
十勝産あずき

家に帰って、3時のおやつとして頂く。

時間は少し経っていたが、外側の皮が香ばしく、パリッ、サクッとしている。

尻尾まで餡が詰まって、この部分が一番美味しい。

中の餡は北海道十勝産小豆で、甘さが後をひかない。

たまに食べるたい焼きは美味しい。

鳴門鯛焼本舗まとめ 

新天町商店街北通りにある天然鯛焼のお店。天然鯛焼きは表面がパリッと美味しい。

ところで、ここまで読んだあなた、一つ疑問を持ちませんか。

天然鯛焼」があるなら養殖物のたい焼きもあるの?

そう実はあるんです。たい焼きにも天然と養殖物が。

どこに違いがあるかと言うと、たい焼きそのものではなく、「焼き器」で見分けます。

一匹ずつ専用の焼き器で焼くたい焼きが「天然物」、

いっぺんにたくさん焼ける焼き器で焼くたい焼きが「養殖物」です。

この一匹ずつ焼くスタイルを業界では「一丁焼き」と呼ぶそうです。

さすがに養殖物を売りにするお店はないと思いますが・・。

ぜひ鳴門鯛焼本舗の天然たいやきをご賞味ください。

この記事を書いた人 文貴(fumitaka)


・ブロガー:2021年ブログ開設

・趣味:旅行、食べ歩き、写真撮影

    


鳴門鯛焼本舗 福岡天神店

住所:福岡県福岡市中央区天神2-9-101
電話番号:092-791-6776
営業時間:10:00~23:00
店休日:
駐車場:無し
ホームページ:天然たいやき!鳴門鯛焼本舗


  PVアクセスランキング にほんブログ村
  文貴ブログ|日々徒然なるままに - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました