【懐かしい寿司の漫画3選】

お鮨屋さんに言って昔読んだ漫画を思い出しました。

寿司の漫画を読むと、単純ですが、いろいろと知識がつきます。

寿司職人の心意気やどういう仕事が事前にされているのかが分かります。

漫画として読んでも純粋に面白いです。

かなり古い作品で、ちょっと時代がずれていますが、

それはそれで古き良き時代を感じさせてくれます。

事前の知識があれば、実際のお鮨屋さんに行ったときに重宝します。

寿司の旨さが十二分に感じられます。

電子書籍版ならすぐに読めます。

中古品を取り寄せても問題ないです。

いつか江戸前鮨の名店と言われるようなお店でお寿司を食べてみたいですね。

お勧めの寿司漫画

将太の寿司 

日本一のすし職人を目指して主人公が成長していく姿を描いた作品。

連載開始となったのは1992年で、料理漫画のジャンルを確立したシリーズ。

江戸前の旬 

銀座『柳寿司』三代目・柳葉旬。1話完結で寿司にまつわる人間ドラマを描いた作品。

お寿司や魚の豆知識がふんだんに盛り込まれているので、勉強になる。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥545 (2021/11/19 21:49時点 | 楽天市場調べ)

江戸前鮨職人 きららの仕事 

老舗の寿司職人であった祖父に育てられた若き寿司職人海棠きららが腕を磨いていく作品。

主人公が年端もいかない女の子で、料理バトルを通して成長していく物語。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥528 (2021/11/19 21:55時点 | 楽天市場調べ)

まとめ 寿司の知識も仕入れよう

昔読んだ寿司の漫画を三つ紹介しました。

このほかにもいろいろ有りますので、ぜひ読んでみて下さい。

漫画の寿司も美味しそうですが、

どれか本を読んでからお鮨屋さんに行くと寿司の美味しさが増します。

新規登録キャンペーン実施中【Amebaマンガ】

国内最大級の品揃え【DMMブックス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました