【天ぷらと肴うみの】地物の旬野菜と地魚の天ぷら定食、丼も近日販売

天神イナチカ
天神イナチカ

評価:3.6

訪問日:2022年5月上旬

天神ビジネスセンター地下2Fにある天ぷら屋さん。

4月29日(金)天神センター1F・B2Fに食の新名所「天神イナチカ」誕生!

因幡町通りの地下にあることから『イナチカ』の名前がつけられました。

今回は博多どんたくパレードを見るべく天神へ出かけた。

お昼は天神イナチカで食べようといつものようにランチタイムを外して

午後1時30分頃地下鉄天神駅着。

お昼時を過ぎていたせいか、前日よりは混雑していなかった。

天ぷらと肴うみの カウンター席

テーブル席もあります。

天ぷらと肴うみの メニュー

ほとんど待つこと無く、カウンター席へ案内された。

ランチメニューをみると、今のところ天ぷら定食のみですね。

定食は季節の野菜5種を基本にあとは何が食べたいかです。

迷った時は、お店の名前のついた定食にするのが私のセオリーなので

うみの天ぷら定食(1353円)、あなご天ぷら定食(1309円)を注文。

うみの天ぷら定食(1353円)

うみの天ぷら定食
うみの天ぷら定食
天ぷら2回目
天つゆ
天つゆ
ご飯
ご飯
漬物
漬物
自家製ふりかけ
ふりかけ

流れは、他の天ぷら屋さんと同じ。

最初に、ご飯、汁物、天つゆ、塩がセットされ、揚げたての天ぷらが目の前に出される。

うみの天ぷら定食は、えび、いか、地魚はヒラマサ(平政)、鶏むね、豚ひれ。

季節の野菜は、トマト、アスパラ、ナス、ブロッコリー、椎茸。

定番のものから、トマト、ブロッコリー、平政とあまりお目にかからない物まで多種多様。

どれも美味しい。

平政の天ぷらは初めて食べたけど、ホクホクしてイケる。

刺身とか寿司ネタとはまた違って、油との相性も良い。

トマトの天ぷらも中はジューシーで、なんか不思議な感じがする。

豚ひれは、肉の旨味が濃縮されて美味しい。

アスパラはサクッとした食感が良い。

天つゆもあっさりとして素材の良さを引き立てている。

博多で有名な天ぷら屋さんのチェーン店は、

天麩羅ひらお」、「博多天ぷらたかお」、「だるまの天ぷら定食」あたり。

それぞれ値段が違うから単純な比較はできないが、美味しさから言えば

ハナ差ぐらいでここが一番美味しい。

天ぷらは良かったけど、残念ながらご飯が今一つ。

定食屋さん普通レベルだけど、天ぷらが美味しい分落差が目立つ。

自家製ふりかけ食べ放題なのは、おそらく他の天ぷら屋さんとの対抗策。

お吸い物はもずくが入って個性的。

もう一つ残念だったのは、天ぷらが運ばれる時間。

どこのチェーン店も2回に分けて天ぷらが出されるけど、

1回目と2回目の間があまり無いため、

1回目の天ぷらを食べ終わらないうちに、残りの天ぷらが出されてしまう^^;

せっかくの揚げたてが冷めてしまうのはもったいない。

おそらくオープンして間もないため、まだ職人さんに余裕が無いんだと思う。

それはホールスタッフも同じで、このあたりは慣れるまでもう少し時間が必要か。

あなご天ぷら定食(1309円)

あなご天ぷら定食
あなご天ぷら定食

写真だけ。

メインの穴子でっかい。

天ぷらと肴うみの まとめ

天神ビジネスセンター地下2階「天神イナチカ」に4月29日オープンした天ぷら屋さん。

博多の天ぷら屋はどこも美味しいけど、このお店がハナ差で一番美味しい。

今は天ぷら定食だけだが、丼も楽しみ。

食の新名所イナチカはレストラン街と言うよりは飲み屋街の雰囲気。

女性に人気なのは「おいしいバスタ」、1Fのイタリアン「DA BOCCIANO」みたい。

イナチカのレストランは、また機会を見つけて食べにいく予定です♪

もうしばらくお待ちください。

この記事を書いた人 文貴(fumitaka)

・ブロガー:50代男性

・趣味:旅行(国内・海外)、食べ歩き、写真撮影(ニコンD850)

・好きな食べ物:肉(特にとんかつ)、米、パン、プリン、ロールケーキ

・2007年より食べログ投稿中
 fumitakaのトップページ [食べログ]


天ぷらと肴うみの

予約する

住所:福岡県福岡市中央区天神1-10-20 天神ビジネスセンター B2F
電話番号:050-5890-9516
営業時間:11:00~15:00(14:00ラストオーダー)
     16:30~23:00(22:30ラストオーダー)
店休日:天神イナチカに準ずる
駐車場:有り
ホームページ:うみの食堂【公式】 (umino-shokudo.com)




コメント

タイトルとURLをコピーしました